たくましいアロマセラピスト

 

AEAJ認定アロマセラピストのための特別セミナー

 

たくましいアロマセラピスト

 

もうすぐ公益社団法人日本アロマ環境協会認定アロマセラピストになる方のためのアロマセラピストクラス最後の授業です

アロマテラピーの学校を卒業後、カルテの提出も完了し、あとはAEAJからのアロマセラピスト認定の知らせを待つだけという方のための特別セミナーです。

いよいよ、あなたはアロマセラピストになります。では、これからどうするか。どのように振る舞えば良いか。植物のように、しなやかでたくましいアロマセラピストになるために当校の中安一成がお話します。

日程 2016年
10月期木曜 10/13 13:30-15:30 スタジオ
10月期日曜 10/16 10:00-12:00 スタジオ

たくましいアロマセラピスト 申込フォーム

講師 中安一成
対象 当校のアロマセラピストクラス卒業生で、2016年8月のカルテ審査・カルテ演習を修了した方のカルテ学内審査を合格した方。または当校のアロマセラピストクラス卒業生で、AEAJアロマセラピスト資格認定者(このセミナーに初めて参加される方)
回数 全1回  2時間
費用 無料 予約制です
持ち物 筆記用具、室内履き

 

講師の中安一成より

思い出してください。印象に残っているアロマセラピストのこと、そうでなければ小学校や中学校の先生のことでもよいです。印象に残る‥‥ということで言えば、その人がどんなトリートメントをしたのか、何を教えてくれたのかも大切ですが、その人がどのように振る舞ったのか、どんな態度で接したのかいうことも印象に残ります。

人に関わるアロマセラピストには「技術」と「アロマセラピストとしてのあり方」このふたつが必要です。講義ではアロマセラピストクラスで学んだことを「活かすための方法」やアロマセラピストとしての「態度、振る舞い」をとりあげます。

だからと言って、アロマセラピストに向いている性格はこれだ! とかアロマセラピストはこのような人格になろう! というものではありません。自分のキャラクターや性格は変えられませんし、変える必要もありません。あなた自身のキャラクターや振る舞いをどのようにセラピーの中で活かしていくか、それに気づくことが大切です。簡単に言ってしまえば自分らしく振舞うということです。

セミナーではこれらのことに加えて関係性や評価法などについてお話しする予定です。短い時間のなかにたくさんつめ込むことになりますが、これからアロマセラピストしてスタートするみなさんに役立つクラスにしたいと思います。

 

受講いただいた方からのメッセージ

  • 印象に残った言葉は「交通整理」と「表現の許可を与える」です。「交通整理」できないこと、わからないことはきちんと伝える。できないことを示しつつ、見捨てない、責任を放棄しないという姿勢がとても参考になりました。
  • 「表現の許可を与える」こういうことを言ってもいいんだ、そういう言い方をしてもいいんだ。お客様にそう思ってもらえるように表現の例を示してみるということ。ぜひ実践してみたいと思いました。またその表現力を身につけることが今後の課題のひとつだと思いました。
  • トリートメント中に眠ることについて、「眠り=究極のリラックスではない」という話が印象に残りました。今までは、トリートメント中にお客様が眠るのは、リラックスしてくれた証拠と捉えていました。でも、終わったあとの総合評価だけでは変化に気づききれずに、もったいないことなのだと気づかされました。
  • 今回、みなさんがどのように金額を設定しているかを話す機会があり、とても参考になりました。答えがあるテーマではないと思いますが、金額設定は自信と大きく関係していて、たくましいアロマセラピストを形成するひとつの要因と感じました。こういったテーマを共有できる機会はあまりないため、今後も情報交換ができる場があるとありがたいと思いました。

 

ページ上部へ戻る