05「からだの自然」を育む

p_main05

「心地よい」とか「気持良い」といった肯定的な感覚を育んでいる方は、きっと周りの人にも「心地よい感覚」を伝えていることでしょう。

気持や性格の問題を、心理学的に治せ!といっても、中々難しいですが、心の問題に対して、身体からアプローチすることは可能です。

知ってほしいのは『身体が楽だと、こんなに気持ちも楽なんだ』ということ。

アロマテラピーでは、香りを使って無意識の領域に働きかけることができます。
好きな香りをみつけると、身体がふっと楽になります。

当校の設立者の宮川先生は
「人間、本当は好きなことしかしちゃいけない!
嫌いなこと、苦手なことを無理してがんばるのは、生命に対する冒涜なのよ(笑)」
と良く言っています。

自分の好きに従っている人は、魅力的です。
逆に言うと、好きなことでなければプロにはなれないということでもあります。
どんな分野でも嫌々やっているプロはいません。

当校での学びを通じて、アロマテラピーや自然療法がとことん好きになること。
そして、自分の身体が自然に良くなる、心地良くなる、肯定的になるという感覚を得てください。

「からだの自然」を育んだら、今度はぜひご一緒に、それを社会に伝えていきましょう。

教育指針のトップページへ戻る>>

ページ上部へ戻る