癒しのライアー&ヨガ講座


 

ライアーの音とヨガの呼吸法

 

犬伏広美

 

シュタイナー教育のヒーリングライアー

ライアーとはシュタイナー教育において、心と体と魂を癒す「治療」を目的とした楽器として考案されたものです。ゆっくりとしたヨガと呼吸法で静けさを感じ、ライアーの音や振動を体で触れて、実際に奏でてみましょう。「聴く」と「奏でる」両方を体験できる講座です。

 

日程 2017年

終了しました 9月期金曜 9/29 10:00-12:00(9:45開場) マザーズオフィススタジオ

申込 講演会 マザーズオフィス >>
  

講師 犬伏広美
対象
  • 女性を対象としたクラスです
  • 妊娠中の方や生後5ヶ月までの赤ちゃん連れの方もご参加いただけます
回数 全1回 2時間
費用 受講料4,860円(事前のお振込)
服装 くつろげる服装でご参加ください
持ち物 室内履き、ハンドタオル
その他 キャンセル規定など受講規則をご確認の上お申し込みください

講座の内容と流れ

  1. ヒーリングライアーとは どんな楽器か?の説明
  2. ゆっくりしたヨガと呼吸法 音の無い静けさのワーク(内観)
  3. 小石や小枝や手を使って音で会話をするワーク (周りの音との調和を見つける)
  4. ライアーの奏で方について
  5. 楽な姿勢で音を聴く人と奏でる人の両方を体験してみる
  6. ライアーの音に声を乗せて自分の中に響かせていくワーク 

 

癒しのライアー&ヨガ講座

 

講師プロフィール

犬伏広美(イヌブセヒロミ)。ヒーリングライアー奏者(タオ、ステラ)、チベッタンボウル奏者、イシュタヨガ200TT講師、イシュタATTマタニティヨガ講師、ムーンサイクルヨガ講師、キッズヨガ講師(ロータス8)。

 

ヒーリングライアーについて

  • ライアーとは、シュタイナー教育において、心と体と魂を癒す「治療」を目的とした楽器として考案されたものです。
  • その生みの親は、ドイツの音楽家プラハトと、彫刻家ゲルトナーでした。プラハトは、「音楽を外からの響きとして伝える楽器の音は、魂の保護を必要とする子どもたちの心には、届かないのかもしれない」と考え、既成の楽器から、子どもたちのための楽器を探しましたが見つからず、新たな楽器を創ることを決意しました。
  • プラハトとゲルトナーは試行錯誤を重ねた結果、人間にとって本当に必要な楽器としてハープに近い弦楽器にいきついたのです。
  • ライアーの原型となった竪琴型の楽器の起源は古く、古代ギリシャ時代には、精神世界・医療・教育において、非常に重要な役割を担っていました。
  • 1926年に誕生したライアーは、「静けさを聴く」楽器として、発展しました。現在、その音は、脳や心を癒し、直接体に振動を伝えることによる治療効果から、シュタイナー教育の現場はもとより、様々な場所で用いられるようになっています。
  • ライアーには、大きく分けて2種類あり、1つは共鳴箱のあるタイプ、もう1つが共鳴箱のないタイプです。共鳴箱があると、ギターの原理と同じで、音は箱の中で共鳴し、外に大きく響かせることができます。
  • アンドレアス・レーマン氏が作るライアーには、共鳴箱がありません。そのため、弦から生まれる振動は、すべて、体に直接伝わることになります。この振動にこそ癒しの効果がある、と考えられています。
  • 音はそこそこ再現することができますが、音の響きを体感するというのは、どうしても、実際に体験していただくしかありません。
  • ライアーの音と振動を「心と体と魂」で触れて感じてみましょう。

 

癒しのライアー&ヨガ講座

 

 


Facebook
2017-08-31 | Posted in メディテーション, 講演会Comments Closed 

関連記事