ホリスティック医療におけるアロマテラピーを深める講座


ホリスティック医療 とアロマテラピーを結ぶ

 

健康とは? 自然治癒力とは? 『治る』とは? 『癒す』とは?

ホリスティック医療を一言でいうと、「BODY、MIND、SPIRITの3つの要素から成り、その「人間まるごと」の全体性の中で、健康をとらえていく」ということ。とは言っても、わかりづらいですね。そしてこれとアロマテラピーをどう結び付ければいいのでしょうか?
まずは「健康とは?」「自然治癒力とは?」「『治る』とは?」「『癒す』とは?」などについて、学んでいくことから始めましょう。

そもそも「健康」という言葉すら、よくわからないままに使っています。辞書によれば「元気で丈夫なさま」とのこと。そうなると、病人は健康には無縁?ホリスティック医療では、病気の人もその病気なりの健康をめざします。病いは深い意味を持ち、それを単に否定的にとらえることなく、自己実現をめざしていくためのプロセスの一つだと考えるのです。

例えば、わかっているようでよくわからない自然治癒力。ホリスティック医療では「治癒系」という言い方をすることもあります。
なぜ、「力」ではなく「系」?「神経系」「ホルモン系」「消化器系」と一緒の「系」?だんだん、正体が見えてきましたね。「自然治癒力」という力が、体の中にちょこんと存在しているのではなく、それはシステムとして働いているのです。そうやって、何気なく使っている言葉を再確認してみましょうか?

 

ホリスティック医療的な観点でアロマテラピーに関わること

「老い」もホリスティック医療では否定的にとらえません。「老いを受け入れて、いかに健康的に、優雅に年を重ねていくか」という考え方です。「年はとりたくないなあ・・・」というのとは、全く違うのです。ホリスティック医療的な観点でアロマテラピーに関わることで、今まで私たちが思い描いていたアロマテラピーよりもさらにたくさんのことが出来そうです。今の日本では、これらのホリスティック的視点をもつ医療は、一般的ではありません。言うなれば、未来型医療。一人一人の多様性を認め、みんなが大切にされるアロマテラピーです。心地よくないはずはありません。さあ、どうやって関わるかの作戦を考えてましょう。

講座は4回で行います。
第1回 「健康」って何だろう? アロマテラピーができること。
第2回 「治すこと」と「癒すこと」。「治療」よりも「治癒」をめざす。
第3回 「生老病死」のどの段階でも活躍するアロマテラピー。
第4回 アロマテラピーでできること、できないこと。

この講座を修了した方を対象に、3か月後に再度会合を設けます。【参加費〇〇円】
4回で学んだことを実践していこうと思っても、なかなかその通りにいかないこともありそうですね。
それを支える「3か月後の会合」です。

お茶を飲みつつ、みんなで体験をシェアしましょう。
それを繰り返していけば、それぞれの中に「ホリスティックなアロマテラピー」がきちんと根付くはずです。

 
例えばこのような方に
  • アロマテラピー初心者の方
  • アロマテラピーを学び、活躍中の方
  • 「アロマテラピーを学んだのはいいけれど、この先、どうしたらいいかよくわからない・・・」と不安な方

 

日程

  • 10月期金曜 全3回 10/13,10/20,10/27(木)10:00-12:30 第2教室
申込フォーム
講師 久保田泉
対象 どなたでも受講していただけます(妊娠中の方はご遠慮ください)
回数 7.5時間 全3回
費用 受講料32,400円
持ち物 筆記用具、ルームシューズ (スリッパ、靴下、裸足は不可)
その他  受講規則(キャンセル規定など)をご確認のうえお申込みください

 

 

[/su_table] [/su_spoiler] [/su_accordion]  


Facebook
2017-08-10 | Posted in クラスComments Closed 

関連記事