フットリフレクソロジークラス


 

優しいタッチのリフレクソロジー

からだの反応もしっかり引き出し
施術する指も傷めません

reflexologyslide01

 

おだやかな刺激でも、身体は反応してくれます

リフレクソロジーは身体の反射ゾーンを利用して、全身の調節をおこなうボディワークです。 足や手の平の反射ゾーンを手指で刺激することにで、リラクセーションや体のバランス調節に役立てます。クラスでは足を通して現れる「体の声」に耳を傾けながら、リフレクソロジーの基本テクニックを学びます。サロンのメニューにご利用いただけるほか、ご家庭での健康管理にもお役立てください。

当校のリフレクソロジーの特徴はとても優しいタッチです。これは〝身体は刺激の量ではなく、感じた量で変わる〟という考えに基づいています。優しく、確実に、反射区をとらえ、反対の手で包むように支えます。反射ゾーンに必要な圧を加えることで、十分な身体の反応を引き出すことができます。  

このような方にお勧めです

  • サロンの新しいメニューを検討中の方へ
  • お子さん、パートナーの健康のために
  • ご両親とのコミュニケーションツールに
  • イベントや屋外でのセッションに
  • 足だけの手軽なトリートメントのために
     

 

フットリフレクソロジークラス

初めての方を対象に、足部のリフレクソロジーの基本テクニックを身につけます。 足の解剖生理学やリフレクソロジー理論から学びをスタートし、足の48の反射区へのアプローチを練習します。 全身の象徴としての足は体のさまざまなコンディションを現し、特に足底部には全身の反射ゾーンが示されています。 優しい圧で相手につながるタッチ感覚、反射区の位置をしっかりと感じる。 施術前後のリラクゼーション、クロージングテクニックもプログラムしています。 リフレクソロジー説明会はこちらです。 

 

日程 2017年

  • 10月期木曜 全5回 10/19、26、11/2、16、30(木)10:00-16:00 スタジオ

申込フォーム
講師 庄司路都
対象 どなたでも受講していただけます(妊娠中の方はご遠慮ください)
回数 全25時間 全10回(2.5h/回)または全5回(5h/回)
費用 受講料64,800円
服装  足が出せる服装、手足の爪は短く切って下さい
   
持ち物

筆記用具、ルームシューズ (スリッパ、靴下、裸足は不可)
フラットシーツ1枚(袋状タイプ不可)、フェイスタオル2枚 、保温用バスタオル

その他

受講規則(キャンセル規定など)をご確認のうえお申込みください
再受講制度をご利用ください

実技アシスタントを募集しています

 

学びの内容

リフレクソロジー 足の解剖学 リフレクソロジーで役立つ足部の骨、下腿部の骨などの位置を学びます。
リフレクソロジーの理論 1900年初頭から発展したゾーン理論について学びます。 (縦のゾーン、横のゾーン、 その他の指標、全身と足部の対応関係)
リフレクソロジーテクニック リフレクソロジー効果 ピンポイントテクニック、サムウォークテクニックなどのテクニックのほか、リフレクソロジーによる身体への作用、効果を学びます。
用意するもの 足部の観察 リフレクソロジーを実践するうえで必要な備品、用具、身体の観察方法などをご紹介します。
リフレクソロジーのステップ リフレクソロジーをサロンなどで実践する際の施術のステップについて確認します。
右足トリートメント 左足トリートメント 下垂体、頚部から子宮、卵管、リンパ系 足背部まで、左右各48の反射 区について対応表をご紹介します。
リラクセーション&クロージングテクニック 実践前にリラックスした感覚を与え、タッチの安心感と反射ゾ-ンの感受性を高めるテクニックと終了テクニックを学びます。
実習1 頭部、脊柱、上肢ゾーン 頭部、脊柱、上肢のゾーンについて、肩ライン、足の指骨、脊柱ライン、 第1ゾーンのポイントを確認しながら実習を行ないます。
実習2 胸部、腹部ゾーン 胸部、腹部ゾーンについて、肩ライン、横隔膜ライン、ウエストライン、 第2ゾーンのポイントを確認しながら実習を行ないます。
実習3 腰部・骨盤部、下肢ゾーン 腰部・骨盤部、下肢ゾーンについて、ウエストライン、踵の丸み、骨盤底ライン、第3ゾーンのポイントを確認しながら実習を行ないます。
実習4 短縮プログラム 短時間で全身のゾーンにアプローチする応用プログラムです。 ボディトリートメントとの組み合わせや、 長時間施術を受けることができない方へのケアとしてなど、 実践で役に立つプログラムを学びます。
総合練習 学習した内容をもとに総合練習を行ないます。また、「練習セッション記録」の用紙をご紹介します。

 

[/su_spoiler] [/su_accordion]  

Voice Gallery

メッセージ(優しい圧について)
日本では、強く押せば押すほどよいという誤解がまだまだあります。 でも、当校のリフレクソロジーは、優しい優しい圧で展開してきます。 それはあたかも、育児や仕事の場面で、強いコトバで指示すれば人が変わるものではなく、たった一言のコトバであったり、目をあわせたりとか、非常にささいな刺激によっても、人が変わっていくということに似ています。 相手の身体を『動かす』のではなく、 相手の身体の動きを促すこと。 強すぎず、弱すぎず、「ふさわしい、ちょうど良い程度の圧」 。 触れる側の身体も痛めない「優しいタッチ」。 それをみつけていくことが授業の目標でもあるのです。 自分の身体を大切にできない人は、人の身体を大切にできません。
受講生からメッセージが届きました
●施術するときの気持ちが、とてもゆったり穏やかだったことに驚き。 施術されるとき、優しいソフトな圧がとても心地よかったです。 想像以上にリラックスできました。 そして、施術するときは、自分の気持ちがとてもゆったり穏やかだったことにも驚きました。 指への負担の少なさを感じました。してあげる気持ちよさに気がつきました! 強い圧をかけなくても十分気持ちよく、終わった後の軽さも実感できました。 施術側にも優しい手技だなぁと思いました。 ●身体が変化する。 本当に優しい施術はリラックスできるのだということを確認しました。 気持ちを持って施術する大切さを痛感。 とてもソフトなタッチなのに、思ったよりも身体に響く。 先生に施術していただいたときは、短い時間でも、身体が変化する感じがしました。 ●内蔵がぐるぐるいって動いているのがわかりました。 とても内蔵がぐるぐるいって動いているのがわかりました。 また、タッチがやわらかいので痛みもなく、受ける側が安心していられます。 施術側もリラックスして行える点が一番大きかったです。 ●大事に扱っていただいたな、と感じる手技 施術していただき、すごく自分を大事に扱っていただいたな~と感じる手技だなと思いました。 「では、次に神様の足を触れるように触れてみてください」と言われてから触れると、本当にタッチが変わりました。 今まで私のやってきたリフレは雑だったんだなあと、感じました。
 

 

 


Facebook
2015-09-15 | Posted in リフレクソロジーComments Closed 

関連記事