アロマブレンドデザイナーアドバンスクラス


 

アロマブレンドデザイナー
アドバンスクラス

アロマブレンドデザイナーアドバンスクラス

 

続・アコードレッスンシリーズ

前回のアコードシリーズでは、アロマブレンドデザイナーテキストに掲載されているものをテーマに選びましたが、今回からは香水の世界のアコードから「オリエンタル」「パウダリー」「フルーティー」「グルマン」「アニマリック」などをテーマに選んでいます。ブレンドの幅が広がり、ご自身のイメージでオリジナルのブレンドを創作する手助けとなります。

日程 2017年 1回ごとに参加いただけます

  • 第1回 9月期金曜 全1回 9/1(金)13:30-16:00 第1教室

  • 第2回 10月期金曜 全1回 10/13(金)13:30-16:00 第1教室

申込 アロマブレンドデザイナーアドバンスクラス >>

 

第1回 オリエンタル

西洋から見た中近東、東洋、極東のイメージで、濃艶で残香の強い香調だそうです。細かく見ると、「アニマリック」や「パウダリー」「スパイシー」「ウッディ」などの側面もありますが、それらアコードは次回以降で学んでゆきます。今回は、ご自身のイメージで「オリエンタル」をブレンドしてみます。また、パチュリやバニラアブソリュートを使った「オリエンタル」のブレンドを紹介するとともに、バニラアブリュートの使い方を実験したり、オリエンタル調の香水もご紹介します。前回シリーズと同様にちょっと珍しい精油の香りのパレットも作ります。そして、ご自身のイメージする「オリエンタル」を元に、数種類の精油を加えてオリジナルのアロマフレグランスの作製もします。2つのアイテムをお持ち帰りいただけます。

 

第2回目 パウダリー

香りの表現として、香水などでは割と耳にする“パウダリー”という香調。すでにアロマブレンドデザイナークラスで香りのパレットを作成しているイリスやミモザアブソリュートの香りを思い出してみてください。あの甘い粉っぽい香りです。

イリスやミモザアブソリュート以外にも、この甘く粉っぽい香りの印象を持つものがいくつかありますので、今回はその香調が特徴的な精油として、リンデンアブソリュート(またはCO2)とその他1~2種(現在検討中!)を嗅いで香りのパレットも作成しましょう!

パウダリーの香調を持つ精油をブレンドに加えると、なんともやわらかな質感のフレグランスが出来上がりますし、比較的香りの持続も高いものが多く、ブレンドされた香りの最後までその質感が静かに残ります。

今回も、香りのパレットの作成と、ご自身のイメージする「パウダリー調」のブレンド作製、そして、その作製した「パウダリー調」を元に数種類の精油を加えてオリジナルのアロマフレグランスも作製していただきます。

  

講師 小山陽子、手島佐枝子(アロマブレンドデザイナー認定講師)
対象 当校のアロマブレンドデザイナークラス在・卒業生
回数 1回ごとのお申し込みです
費用 各回8,640円(受講料&教材費)
持ち物
  • 筆記用具、室内履き
  • 飲み物(白湯、水など匂いのない飲み物をご持参ください)
その他
   

香りのアコードの練習

 

 


Facebook
2016-12-01 | Posted in アロマブレンドデザイナーComments Closed 

関連記事